着やせ・着太りの特徴

着やせしているオシャレな肥満女性

私たちは服を着て生活をしています。
服は様々なことを私たちに与えてくれています。

1つめは体温の調節です。
暑いときは薄い生地のものや半袖のものを選んだり、寒いときには厚い生地のものや長袖を選んだりします。
そうすることによって自分の体温を調節しているのです。

2つめはおしゃれです。
1つめの意味は人間がより快適に生きていくための意味合いが強いですが、これは人間がより服というものを文化にして楽しもうという考え方です。
おしゃれは現代ではファッションとも呼ばれ、子供から大人になって年を重ねてもずっと自分たちと関わり合いのあるものなのです。
事実、アパレル業界は若者の文化だけに留まらず、インターネットや通信販売を駆使して様々な世代に対してファッションをアピールしています。

3つめは体型を多少変えられることです。
これは一般的に着やせ・着太りと呼ばれています。
着やせ・着太りの特徴は自分をスレンダーに見せたり、逆に体格良く見せたりすることが可能なのです。
服を着ているときはその人のはっきりした体型が分からなくても、服を脱いでみると想像していた体型と違ったなどということはよくあることです。

これらのように服には様々な特徴があります。
私たちは服に助けられたり、楽しませてもらっているのです。